加齢黄斑変性症の予防に

網膜の環境悪化で現れる新生血管が関与している

日本でもいくつかの失明に繋がる眼病が増加傾向にありますが、その中の一つが加齢黄斑変性症です。加齢黄斑変性症は、黄班の下にある血管に富んでいる組織「脈絡膜」に新生血管が発生する事が関係しています。

新生血管というのは、眼球内の保護成分が減少したり、活性酸素が増えたり、または酸欠状態が長く続くこと等が関係して、細胞に栄養や酸素をお送り届ける為に発生するものと言われています。

しかし、この血管は非常に脆く、作られてもすぐに壊れてしまいます。
その壊れる時に血液が漏れ出す事で網膜の下で内出血を引き起こし、血液が溜まった分だけ黄斑の形が変化して加齢黄斑変性症を発症してしまう事があるのです。

加齢黄斑変性症を発症すると視界の中心部分が歪んだり、更に症状が進行すると、暗点となって何も映像が映らなくなってしまうようになります。

このように新生血管が関係して発症する黄班の疾患ということもあり、新生血管黄班症という呼び名も持ちます。この病気自体は、黄班に直接病変が現れるというものではありませんが、網膜周辺の環境が悪化していることで発生していることには変わりありません。

また、手術によって改善することもできますが、黄班の下に新生血管が作られないようにレーザー治療等で焼いてしまう方法なので、それをしてしまうと、黄班自体の機能も失われてしまいます。つまり、視界の中心部が見えないままの生活を余儀なくされるのです。

そのようなリスクを避ける為にも、網膜の保護に優れた成分であるルテインを摂取するという方法があります。実際にルテインは、加齢黄斑変性症を発症した患者に対して用いられることもあり、有効性が既知の情報として浸透しています。

また、加齢黄斑変性症だけではなく網膜の機能が改善されることにより、ルテインを処方された患者の中で視力が回復したという報告もあります。

発症してしまった加齢黄斑変性症を改善する為に、レーザー治療により視力の中心部を失うことを覚悟するのか、それとも、ルテインを摂取する事で改善を試みるのか。緊急度にもよりますが、手術という最終手段は実行せずにおきたいものです。