ルテインは青い光を吸収する

身の回りの電子機器が発する青い光による害にも必要

ルテインには、光そのものを遮るバリアとしての働きと、光が細胞に到達してしまい酸化する危険性を改善する保護作用があります。中でも、青い光を吸収する働きがあります。

目に害を与える自然の光として、紫外線は良く聞きますが、この青い光というのは人の細胞に与えるダメージが強いものなのです。紫外線と言えば、太陽光線がすぐに思い浮かびますが、青い光というのは、人工的にも作り出されています。

例えば、テレビやパソコン、ゲームなどのモニター、蛍光灯などの照明器具というように、生活のあらゆるものが青色の光を発しています。それらが微弱なものだとしても、継続して浴びていれば、それが原因で視力に悪影響をもたらす事も十分に考えられます。

近頃では、蛍光灯から電力の少なくて済むLED蛍光管やライトが普及しています。
ですが、実際に使用してみると、非常に目が疲れると感じた方が居るかもしれません。調べてみると、LEDには、これまでの照明器具より青色の光成分の割合が多いようです。

今では、テレビにしてもパソコンにしても、モニターの解像度が高くなり、継続して見ていても、それほど目の疲れは感じなくなっています。ですが、そうしてモニターから照射される光を目に取り込み続ける事が、実は、青い光を取り込む結果になっている事に注意しなくてはなりません。

人は、眩しいと感じたら目を細めたり視点を切り替えたりしますが、青色の光は、眩しいと感じにくい為、気づかぬ内にダメージを与えてしまう事にもなります。

こうした端末類を利用する機会が多くなった事により目の調子が悪くなってきた場合は、青い光がダメージを与えているかもしれません。そんな時にもルテインを摂取する事で、青い光の害から目を守る事が出来るようになります。

ルテインは、色では黄色と表現されますが、色相環というもので色を比較すると青い光の大体反対側になります。こうした事も青い光を吸収しやすい事に関係しているのかもしれません。

太陽光にあたることでの紫外線による影響が少なくても、便利な生活を送る裏側には、青い光によって、知らず知らずの内にダメージを蓄積してしまっている事を防ぐためにも、ルテインの摂取は改善の鍵となってくれるかもしれません。